准看護師の給料ってどの程度?

就職・転職をする際に気になるのが初任給。 勤続年数を重ねれば順調に給料が上がる職業であったとしても、スタートラインである初任給は大変重要なポイントとなります。 ここでは、准看護師の初任給についてご紹介していきたいと思います。

まず、准看護師全体の平均初任給は17万円となっています。この金額、医療関係の仕事に対する初任給と考えると安く感じますよね。 但し、この17万円という金額は、経験がごく浅い准看護師の方を対象とした数字です。 准看護師の仕事は専門性が高いため、勤続年数やキャリア・実績によって初任給は大きく変動することとなります。
准看護師求人サイトをお探しの方

例えば、すでに5年以上の実務経験がある方が転職する場合、初任給は20万円~といったケースが多く見受けられます。 実務経験が多く勤続年数が長い人ほど、転職の際に初任給が高くなる。これは准看護師のような専門職の場合、当然のことだと言えるでしょう。

但し、准看護師の場合、勤続年数や実務経験が一定の年数を超えると、転職をしても初任給の増額が、頭打ちになる場合が少なくありません。この「一定の年数」は病院や医療機関によって差がありますが、一般的には10年が目安と言われています。

勤続年数が10年以上ある方が転職を考える際は、初任給だけでなく年収やボーナスも考慮して、転職時、給料的なメリットがどの程度あるのか、しっかりと確認することが重要となります。

また、准看護師の初任給は勤務先によっても異なります。 最近は、看護師の活躍できる場がかなり広がったこともあり、病院だけでなく一般企業や学校、行政施設など、准看護師が働くことの出来る勤務先も多種多様となってきました。 そのため、就職・転職先によって初任給も大きく異なってきています。

例えば、民間の幼稚園などに就職・転職する場合には、病棟看護師としての実績などがあまり考慮されず、勤務も日勤となるため、初任給は病院などの医療施設よりも下がる傾向にあります。 対して、前職での実務実績を高く評価するような病院であれば、通常よりも高い初任給で迎え入れてくれる場合もあるのです。

准看護師の就職・転職の重要ポイントである初任給。 この初任給を重視した求人探しには、やはり看護師専門の転職サイトを活用するのが一番です。 少しでも初任給が高い職場で働きたい!という方は、看護師転職サイトでしっかりと情報を確認してみて下さいね。

産業看護師になるためには

看護師の転職する際の選択肢は医療施設のみではありません。一般企業の医務室を職場とする職業、産業看護師と呼ばれる職業もそのひとつです。産業看護師になるためには、一般の就職活動の人たちのように、各企業の試験を勝ち抜く必要があります。

例えば上場企業の看護師ともなると、社員同様の待遇となり、通常よりも高い報酬が望めます。とはいえ上場企業の医務室を職場とする看護師の数は決まっているため、病院のように大人数で勤務できるということではありません。ですが病院より一般企業の数の方が多いため、就職先が見つからないということはないようです。

企業で働く看護師を目標とするならば、お勧めは保健師の資格を取り産業保健師になることです。保健師になるためには看護師試験にクリアした後、保健師養成家庭の学校で1年間教育を受けるか、保健師養成課程のある大学で学び、国家試験にパスする事が求められます。

他にオススメな方法は「衛生管理者」の資格を取ることです。企業の衛生管理を受け持つ職業で、労働安全衛生法に沿った国家資格が「衛生管理者」となります。

大学か高等専門学校を卒業した人は1年以上、他は3年から10年ほど労働衛生の経験を積んだ人が、衛生管理者の資格試験を受ける事ができますので、労働衛生の実務経験を積むために、労働衛生に関る職場での勤務をすることから開始して下さい。

派遣やパートでキャリアを積みながら、同時に学んで資格を取るといった形になります。この衛生管理者の資格は、保健師の資格を持っている人であれば請求する事が可能です。

上記の資格を持っていると、大手企業の産業看護師になるために有利だということのみで、必ずしも絶対持っていなければならない資格ではありません。大手企業の医務室で働きたいのであれば持っていた方が大きな強みになりますが、通常は必要ないでしょう。

産業看護婦という職業に関る不安要素もあります。それは企業側が従業員の健康や衛生をどう思っているかです。余り興味のない企業も残念ながら存在しますので、せっかく産業保健師や看護師として仕事に就くことができても、仕事らしい仕事がないという場合もあります。どんどん力を発揮したい人にとっては物足りなさを感じてしまいますよね。

このような職場のミスマッチが起きる前に、転職時には転職サイトでコンサルタントに力になって貰うのがお勧めです。転職のプロであるコンサルタントは、各職場の内情にも詳しいため、転職者がベストな形で転職できるようにサポートしてくれるでしょう。

看護師求人と保健室の先生

看護師求人を見てみると、いわゆる保健室の先生「養護教諭」の求人もあります。ですが看護師がそのまま養護教諭になれるかというと、残念ながらそうではありません。

保健師の資格を持った看護師であれば、申請のみで養護教諭になる事が可能ですが、保健師の資格がない看護師の場合は、養護教諭の養成学校で教育を受け、卒業することによって、養護教諭の資格を手にする事が可能です。

公立および私立の学校の養護教諭を希望するケースでは、各都道府県やそれぞれの学校が準備する教員使用試験をクリアする必要があります。

養護教諭の種類には1種と2種という区分がありますが、業務内容にそれほどの差があるわけではないです。ただし、1種の免許を取るためには大学を卒業を求められる事がほとんどのため、お給料に若干の差が出ることになるでしょう。

さて、養護の先生のお仕事とは一体どのような事があるでしょうか。保健室で怪我や病気になった生徒の簡単なケアを行うだけが、養護の先生の仕事ではありません。生徒以外には教職員の健康相談や診断の管理、メンタルヘルスケアを担うことも少なくないようです。

実際、最近では生徒以上にメンタル面が不安定な教師が増加しています。荒れた学校で精神的に参ってしまった教師たちが鬱になったり、休職せざるを得ない状況になったりということは決して珍しいことではなく、養護教諭のメンタルヘルスケアに希望を持っている学校は多いのです。

勿論生徒に対するカウンセリングも養護教諭の大切な仕事になります。何気ない話から悩みを聞き出し解決に導いたり、いじめや引きこもりなどの把握をしていくことも保健室の先生の業務の一環です。 そのほかにも学校内の衛生管理や健康促進なども養護教諭の双肩に掛かっていることも少なくありません。

養護教諭を目標としても、即なれるということではありませんので、まずは求人サイトを活用し、コンサルタントにアドバイスを貰うのがベストだと思います。

自分に養護の先生が合っているかどうか、どのようにして資格を取るのがいいかなど、コンサルタントに判断してもらうのがオススメです。多くの勉強が必要となりますので、その覚悟を持って保健室の先生を目指していって下さいね。

ページの先頭へ